記事一覧

王室や上流階級の人々も愛する「一生もの」

グッチは1923年、グッチオ・グッチが旅行カバンなどを取り扱う高級皮革店としてスタート。貴族やヨーロッパの上流階級の人々から愛用され、イタリア王室御用達となるほどの人気を誇るように。

1950年代には多くのハリウッド女優が愛用し現在の地位を確立しました。ブランドのアイコンになっている「GG」モチーフは、世界で初めてデザイナーの名入り商品を発売したブランドとなりました。その他にも、100年に迫る歴史の中で多くの名品を発表しています。

1947年、第二次世界大戦後、物資が不足するなかで生まれたのがブランドを象徴する「バンブー」です。当時かろうじて輸入が可能だった日本の竹材をハンドルに用いる、という斬新な仕様は、職人たちが知恵を絞って生み出したもの。
艶やかな半円形の持ち手と、乗馬用の鞍から発想を得たコロンとしたフォルムとの絶妙な組み合わせが、誕生当時から変わらない優美な美しさをたたえています。

1950年代に発表された丸みのあるシェイプが特徴のこのバッグは、ジャクリーン・ケネディ=オナシス(写真右)が生前こよなく愛したことから「ジャッキー」バッグと呼ばれ、多くの女性たちに愛されました。
そして今、当時のままマチの薄いスタイリッシュなフォルムは、小脇に抱えたとき体にフィットし、全身のシルエットを、スマートに見せてくれます。見た目よりも収納力が高いところも、アクティブな現代女性にぴったりです。

コントラスト配色の「ウェブ」や「ダブルG」、さらにグッチを代表する素材「GGパターン」のディティール。それらを洗練されたシンプルフォルムにのせることで、ヴィンテージの雰囲気とモダンな輝きを両立させたオフディア。

特に収納力を備えた愛らしいドーム型ショルダーバッグは鉄板のモデル。

ルイ・ヴィトンの腕時計

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)より新作腕時計コレクション「タンブール ストリート ダイバー」が登場。2021年3月19日(金)より一部店舗にて先行発売されたのち、4月9日(金)よりルイ・ヴィトンのウォッチ取扱店舗にて発売される。


Amazon.co.jp: ROLEX(ロレックス) - メンズ腕時計: 腕時計
ルイ・ヴィトンのアイコンウォッチ「タンブール」より新たに登場する腕時計「タンブール ストリート ダイバー」。「タンブール」を象徴する“ドラム(太鼓)”から着想したユニークな形状を受け継ぎつつ、デザイン&機能共にダイバーズウォッチらしいスポーティーなポイントをプラスした。

モデルは、直径44mmのオートマティックモデル3型と直径39.5mmのクォーツモデル1型の計4型で展開。中でもオートマティックモデルの“スカイラインブルー”と“ネオンブラック”は一際スポーティーな雰囲気を纏ったカラーウェイ。ダイビング中の時間を読み取ることが出来る、インナーベゼルの最初の15分間の目盛りを鮮やかなカラーで彩った。

機能性に関するディテールでは、ダイビングに欠かせない100m防水性能や、ねじ込み式リューズ、スーパールミノバ加工のダイヤルといった要素を兼備。また、ダイビングスケールはサファイアガラスの下の回転ベゼル上に配置した。

なお、ラバーストラップには“L-O-U-I-S-V-U-I-T-T-O-N”の12のアルファベットをデザイン。ストラップはラバー以外の素材でも用意される予定だ。

京都発ジュエリー・カオル「ミモザの花」

カオル(KAORU)は“ミモザの花”をモチーフにしたジュエリー「ミモザパールブレスレット」と「ミモザパールイヤーカフ」を2021年6月1日(火)より、カオル ルミネ有楽町店・⾼台寺店で発売する。

“即完売”「ミモザの花」ジュエリー再び

京都発のジュエリーブランド・カオルは“即完売した”人気ジュエリー「ミモザ コレクション」を数量限定で復刻。愛と幸福を呼ぶといわれる“ミモザ”のモチーフをK10やシルバーなどで表現した、ロマンティックなジュエリーを提案する。

「ミモザパールブレスレット」

「ミモザパールブレスレット」は、カラフルなシルクブレスレットとミモザのモチーフを組み合わせたブレスレット。鮮やかなイエローや深みのあるブルーなど、ブレスレットは全5種類が用意されるので、手持ちのアクセサリーとの相性を考えながらカラーセレクトができる。

真ん中にあしらったパールが、曲線的なデザインのミモザモチーフとバランスよく合わせり、女性らしい手元を演出してくれる。

「ミモザパールイヤーカフ」
ミモザパールイヤーカフ

一方、「ミモザパールイヤーカフ」は、ミモザの花が可憐なパールを包み込むデザインで、エレガントな耳元を演出。単品での着⽤はもちろん、イヤーカフやピアスとの重ねづけも楽しめ、アレンジ次第でさまざまなスタイリングを可能にする。ラインナップは、シルバーとゴールドの2色。

ソフ×トム・ヒングストン

ソフ(SOPH.)からロンドンを拠点に活動するトム・ヒングストン(Tom Hingston)とコラボレーションしたカプセルコレクションが登場。Tシャツを、2021年5月28日(金)よりソフ ショップほかで発売する。

トム・ヒングストンは、自身の名を冠したクリエイティブユニット「ヒングストンスタジオ」を主宰するクリエイティブディレクター兼グラフィックデザイナー。ソフネットのアイコニックなスコーピオンロゴを手掛け、2017年には「ヒングストンスタジオ」の設立20周年を記念し、ソフネットとのカプセルコレクションを発表した。

グラフィック作品を落とし込んだTシャツ

そんなトム・ヒングストンと4回目のコラボレーションとなる今回は、「NO TWO THINGS(=個性とアイデンティティ)」をテーマに掲げ、4つのグラフィック作品を落とし込んだTシャツを展開する。

ロゴが“ぼんやりと浮かび上がる”グラフィックなど

いずれも、ソフのロゴがぼんやりと浮かび上がるグラフィックや抽象的なサークルグラフィック、タイポグラフィを基調としたアートワークなど、今回のカプセルコレクションのために作られた作品を大胆にプリント。裾には、両者のロゴがあしらわれた特別なタグとスコーピオンロゴをセットした。カラーは、ホワイトとブラックの2色からセレクトできる。

マークジェイコブスで人気の腕時計♪


マークジェイコブスで1番人気なのがこの「ベイカー」シリーズの28mmモデル。
華奢なサイズでタイムレスなデザイン。カジュアルな革ベルト、オフィス使いもいけるシルバーなど、色や種類もとっても豊富。

これ欲しい♪

こちらは「ベイカー」の36mmモデルでちょっぴり大きめ。
メンズっぽいサイズだけれどルックスは上品。大人カジュアルに活躍してくれます。

これ欲しい♪

煌びやかに輝くグリッツインデックスが配列された「ベティ」。
優雅な女性らしさを手元に…。シンプルなワンピーススタイルを格上げしてくれそう。

フランクミュラー×大人の人気腕時計3選!


フランクミュラーは、いつかは欲しい憧れの時計ブランド。実際身に着けてみると、優美で大人の色気を放ち、年を共に重ねていく人生のパートナー的存在。年齢を経たシワやシミのある腕にするのも素敵!
シーンを選ばず使えますが、贅沢な時計だからこそ、今は、カジュアルに合わせて楽しみたいです。


ロングアイランド ダイヤモンド

伸びやかなビザン数字が楽しげに時を知らせてくれる「ロングアイランド ダイヤモンド」。おおらかで、フェミニン。一緒にいたいと思わせる、そんなチャーミングな女性のような時計です。

トノウ カーベックス

唯一無二の樽型ケース「トノウ カーベックス」コレクションは、フランクミュラーの代名詞的存在。どこから見ても平面のない三次元の曲線を描くケースデザインを、芸術として一層引き立てるのはダイヤモンドの澄んだ輝き。
そして絶対的な気品を湛えたジュエリーウォッチは、カジュアルなファッションを上質に導く頼るべき力を持っています。だからこその「ハンサムにつける」という提案。
〈コーデ〉白Tシャツに、マニッシュなパンツルックに、潔いショートへアに…。エレガンスを語るのは、手元のジュエリーウォッチだけ。そんな楽しみ方が表現するのは、大人の女性こその余裕です。

ロングアイランド プティ レリーフ

アクティブで知的な女性をイメージさせる、印象的な文字盤…。
1992年設立と比較的若いブランドながら、天才的な発想と技術で時計業界に革命をもたらしたと称されるフランクミュラー。ダイナミックなビザン数字が洗練されたかっこよさ。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ